未分類

マンションの内覧で気をつけること

投稿日:2017年9月10日 更新日:

売り出したマンションにお客様が見に来る!

いわゆる内覧(案内・内見とも言う)はマンション売却の一大イベントです。

内覧で良い印象を与えれば、購入される確率がグンと上がります。

ただ、ダラっと内覧を待っていてはいけません。
エンターテイメント性も必要ありません。
淡々と、内覧の準備をしましょう。

内覧の準備で一番大切なのは掃除。
隅から隅までピカピカに磨き上げましょう。

お客様が内覧で見る順番は、こんな感じ。

1.玄関で出迎え、シューズラック確認
2.まずはリビングを案内
3.キッチンで水回りチェック
4.浴室・トイレ
5.寝室・子ども部屋などの居室
6.ベランダに出て眺望・陽当たり確認
7.リビングに戻り、質問に答える
8.退出前にトランクルームなど確認

(マンション売却のはじめ方)内覧当日の流れより

逆に言うと、見ない場所はありませんから、掃除で手抜きをしていると痛い目を見るかも・・・。(汗)

担当営業がいれば、事前にどんなお客様なのか聞いておくといいでしょう。

あと、お客様にお茶を出すのか、出さないのか?
ここらへんのことは、プロに聞かないと分かりません。

不動産屋は、頼りがいのあって、フットワークも良い、中堅営業マンがオススメです!

-未分類

Copyright© マンション査定のポイント , 2018 All Rights Reserved.