マンション査定のシチュエーション

マンション査定のポイント

  • 転勤
  • 離婚
  • 介護
  • 老人ホーム
  • 住み替え
  • 結婚
  • 相続物件の処分
  • 収益物件の清算

転勤のマンション査定

せっかく分譲マンションを購入したのに、転勤が決まったら。

まず考えることは、マンションを売却するか、何年後かに戻ってこれるならば、その期間を賃貸に出すかという選択です。

マンションを売却すれば、いったん精算することができますが、賃貸に出した場合には「不動産を所有するリスク」を抱え続けなければなりません。ご自身で住んでいるのならば、そのリスクを引き受けることはできても、他人に貸すために大きなリスクを背負うのは考えなければなりません。

マンションを売却する場合、転勤までに売り切る覚悟を決めるのが良いと思います。

期限内に売れないと、ローンの支払い・管理費・修繕積立金など、住んでいないのに出費があります。また、いざ不動産契約となれば、転勤先から契約のために戻ってくる必要があります。

期限までに売り切るためには、マンション買取を検討してもいいですし、買取保証付き仲介という選択肢もあります。

離婚のマンション査定

離婚のためにマンション売却をされる方は、少なくありません。

近所の方に知られたくない・内覧にきた見込み客に「売却理由が離婚であること」を言わなくてはならないのか、というのがポイントです。

内緒で売却することは、決して難しいことではありません。広告を制限して、内覧に注意を払うだけです。これは、売り出す不動産会社を決定したら相談してみましょう。

次に、離婚が売却理由であること。これは営業でも「言う必要がない」「言うべき」と議論が分かれるところです。私は「言う必要がない」と考えますが、これも担当営業と相談が必要です。

介護のマンション査定

ご両親の介護のためにマンションを売却することもあります。もしくは、ご両親のマンションを売却して、引き受ける場合です。

このケースでは、売却を急ぐ必要もありませんので、じっくり時間をかけて高値での売却を狙っても良いかもしれません。

ただし、管理費・修繕積立金など、販売期間中も一定の出費があることは、覚悟してください。

老人ホームに入所する

老人ホーム等に入所するためにマンションを売却するケースも近年では増えてきました。

ホームの紹介を、不動産会社のグループ企業が斡旋するのもビジネスとして確立してきました。

いわゆる終活の一環ですが、所有する不動産を処分することは大事なこと。

ただし、面倒でなければ、入所を斡旋する業者と、査定・売却する不動産会社は別々にした方がいいでしょう。

売却物件を獲得するために、半ば強引に入所先を決定させようとすることが多いからです。

住み替えのマンション査定

一戸建てへの住替え、または、他のマンションへの住み替えもマンションの売却理由としては多くあります。

住み替え先が賃貸住宅の場合には、とくに問題がありません。
賃貸ではなく、住み替え先の住宅を購入する場合には、資金管理が重要です。

面倒ですが、ご自身で資金計画をたて、売却の不動産会社と購入の不動産会社は分けるほうが、売却するマンションは早く・高く売れます。

結婚のマンション査定

単身住まいのマンションを結婚を機に査定することもあります。

住み替え先のマンション・一戸建てを購入するケースが多いです。

住み替えのマンション査定でも申し上げた通り、売却と購入の不動産会社は、なるべく分けることをオススメします。

相続物件の処分

ご両親から相続したマンションを売却することもあります。

査定マンションが、居住地と離れているため、打合せや査定のために何度も行き来ができないことでしょう。

メールや電話でレスポンスよく返答してくれる不動産会社は利便性が高いです。

それほど高値売却にこだわらないのであれば、机上査定で十分かもしれません。

収益マンションの査定

投資目的でマンション経営をされる方も非常に多くなってきました。

ただし、最初に購入した物件ほど、見立てが甘くて、投資効率がよくないのではないでしょうか。

予定していた想定利回りを達成できずに、売却するマンションも多くあります。

収益マンションの売却は、投資専門のマンション業者に査定をしてもらうのが良いでしょう。

彼らは、想定利回りを引き上げる方法を確立しています。思った以上に高値で売れることがあります。

投稿日:2017年11月3日 更新日:

Copyright© マンション査定のポイント , 2018 All Rights Reserved.