マンションを売りたい人・売らなければならない事情ができた人に、ぜひ知っていただきたいことがあります。

マンションを売却するとき、最初のステップがマンション査定。このマンション査定でつまづき、失敗すると、売却途中で引き返すことも、やり直すことも難しくなります。

マンションの売却で重要なポイントとなるマンション査定は、とても多くの人が情報が少ないために、迷い・つまづき・失敗してしまいます。

当サイトでは、マンション査定が原因で、

  • 相場よりも安く売って損をした
  • なかなか売れずに困った

という売主の悩みを解消するため、マンション査定のポイントとオススメの査定サイトを紹介します。

【体験談】マンション査定で危機一髪

Sさんは、子どもの成長に合わせ、ワンランク大きな間取りに住み替えるため、新婚当初から住んでいるマンションを売却することにしました。

マンションの売却など初めてのSさん、友人や同僚に詳しい人も知りません。そこで、最寄り駅で営業するサイコー不動産に話を聞きに行きました。

サイコー不動産でSさんを担当してくれたのは、20代後半の男性営業ヨサゲさん。ヨサゲさんは、Sさんのマンションを一年前に売却したことがあり、得意なマンションだといいます。

ヨサゲさんが算出したマンションの査定額は4200万円でした。

事前に投函されるチラシをチェックして、マンション相場を4000万円を少し下回ると予想していたSさんは、ヨサゲさんの査定額に大満足です。

その場で専任媒介契約を締結し、マンションを売り出すことにしました。

【体験談】すぐに200万円の値下げ?

いよいよマンションの売却活動が始まりましたが、いつまで待ってもSさんのマンションを内覧したいというお客様は現れません。

するとヨサゲさんはSさんに、こんな提案をしてきます。

内覧の申し込みがないということは、いまの販売額が高いのでしょう。
少し、価格を下げてみてはいかがですか?

ヨサゲさんによると、約200万円値下げして3980万円にすれば、購入予算を4000万円以内で検討している層にアピールができるといいます。

いきなり200万円の値下げをしてしまうことに抵抗を感じたSさん。しかし初めてのマンション売却で分からないことだらけ。結局「プロの言うようにするしかない」と諦めて、値下げに応じました。

最初にヨサゲさんの話を聞くまでは、4000万円を下回ると予想していたSさん。結局、Sさん自身の予想額に落ち着いただけのように感じますが「4200万円で売れる」とヨサゲさんが言うので専任媒介にした経緯があります。

Sさんは、3980万円で売り出すなら、もっと他の不動産屋の話も聞いてみたかった、とモヤモヤしました。

【体験談】値下げ効果?
見込み客現る!

しぶしぶ値下げを了承すると、2・3日後にヨサゲさんから電話がかかります。

以前から当社でマンションを探していたお客様が、興味を示しています。
ただし、お客様の予算は、値下げした価格よりさらに500万円下の3500万円です。

お客様に頑張って200万円買い上げていただくよう交渉しますので、Sさんもさらに300万円値下げしましょう!

Sさんが、「他に見込みのあるお客様はいませんか?」と聞いても、
ヨサゲさんは、「他にはいない」「このお客様を逃したら、半年くらいお客様はいないかもしれない」といいます。

やっぱり、4200万円でマンションが売れるなんて夢だった。
しょうがない、3700万円で売るしかないのか・・・。

でも、3700万円で売っても、ローンの残債を割り込んで、どこかに借金をしなければいけない。当初の予定通り、大きな間取りに住み替えるなんて、このままではできるわけがありません。

そこで、ヨサゲさんには内緒で、マンション一括査定をすることにしました。そこで、Sさんは耳を疑うような事実を知ることになるのです。

【体験談】他社のお客様はシャットアウトされていた

マンション一括査定では、査定を依頼する不動産会社を選ぶことができます。
もちろん、サイコー不動産を外して、ヨサゲさんには知られないようにしました。

査定では、多くの不動産会社の意見を聞くことができます。
そこで、サイコー不動産とヨサゲさんの裏の顔を知ったのです。

最初の4200万円の売り出し段階で、見込み客がいました。
でも、サイコーのヨサゲさんに「もう契約予定だから」紹介を断られたんです。

じつは、他社の見込み客で見学を申し込んだお客様は、3組もありました。
しかし、サイコー不動産では、それらの紹介をことごとくシャットアウトしていたんです。

理由は、仲介手数料をより多く稼ぐために行う「囲い込み」のためでした。

【体験談】不動産屋が2倍得する囲い込み

他社の紹介客に買われてしまうと、サイコー不動産の報酬はSさんの仲介手数料だけ、片手取り引きに終わります。しかし、売主・買主の両方をサイコー不動産で紹介した場合には、両者から仲介手数料をもらう両手取り引きになり、ほぼ2倍の稼ぎが見込めます。

両手取り引きを狙った囲い込みは、不動産業界の悪しき商習慣です。

中古不動産の流通が活発なアメリカにあっては、双方代理の危険性があるため、売主・買主を同時に仲介することを禁止しています。

Sさんの不幸を繰り返さないため

その後、Sさんはサイコー不動産との専任媒介を解消し、マンション一括査定で知った複数の不動産会社と一般媒介を締結。わずか2週間たらずで、ぴったり4000万円でマンションの売買契約を締結することができました。

Sさんは、たまたま一括査定を申し込んで複数の不動産会社から意見を聞くことができました。しかし、いまだにSさんが陥った、不幸なマンション売却をしてしまう人がいます。

こんなはずじゃなかったのに・・・。

マンション売却で後悔しないためには、どうすればいいのか?

一つは、きちっと整理された情報を得ること。
二つ目に、たったひとつの意見に固執せず、複数の意見を聞くことです。

マンションの売却は、分からないことだらけでしょう。
ついつい、プロの意見に従いたく気持ちもわかります。

しかし、よさげな雰囲気の営業マンは、あなたのマンションで一儲けしようと企んでいるかもしれません。実際、そういうケースが少なくないのです。

マンション査定を利用して正しい知識と情報を得ていただくために、このサイトを作成しました。

おすすめマンション一括査定

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

マンション一括査定のメリット

街の不動産屋にマンション査定を依頼して、そのたった一社の査定額と情報を頼りに、マンション売却に踏み切る人(売主)は少なくなりました。

マンションの一括査定は、オンラインで物件情報を入力すると、一度で数社に査定依頼をすることができます。

1軒ずつ不動産屋を訪問し、査定額を聞いてまわる必要はありません。無理に引き止められたり、くだらない世間話に付き合う必要もないのです。

マンション一括査定のメリット

  • マンション売却が得意な不動産会社に依頼できる
  • 複数の不動産会社に査定を依頼できる
  • 各社の査定金額はバラバラ、査定価格を比較できる
  • 高い査定額の根拠・安い査定額の理由を聞ける
  • 不動産会社を比較することが容易
  • 査定サイトの運営会社で、不動産屋を厳選している

マンション売却が苦手な不動産会社?

そもそも、不動産会社に得意不得意があるって、ご存知ですか?

駅前にある「地元密着」をセールスポイントにしている小さな不動産屋。そこは賃貸専門であるか、マンション売買が得意ではない可能性が高いです。

不動産会社は、同じ宅建業者の免許で、売買・賃貸の両方を生業とすることができます。ただし、「することができる」だけであって、「どちらも得意」という宅建業者は皆無です。

かくいう私は、不動産売買の仲介専業で、賃貸業務は一度も経験したことがありません。宅建士の資格はありますが、無事に賃貸の仲介ができる自信はありません。

実務経験のない営業はペーパードライバーと一緒です。いくらゴールド免許であっても、あなたの大切な資産(マンション)を任せるに値しないと思います。

複数の不動産会社にマンション査定を依頼

我が社は、マンションの売却に力を入れています!

こんな感じで不動産屋にアピールされても、本当にマンションの売買が得意なのかユーザーには分かりません。これは、客観的に不動産会社の実力を知ることができないからですね。

それでは、不動産会社の実力を知るためには、どうすればいいのでしょうか?

不動産会社の実力を客観的に判断するには、比較するのが最も簡単で確実な方法でしょう。

たとえば、パソコンや車を購入するとき、チラシを見比べたり、見積もりを出してもらい比較・検討するのが普通です。一般的に金額が高くなるほど、慎重になり、検討する見積もりの数も増えるでしょう。

しかし、マンション査定の場合では、たった一社の査定額を見ただけで、売却金額を決めてしまう人がいるのが不思議でなりません。

マンションの査定金額はバラバラ、妥当な価格とは?

人工知能を用いたソフトを利用して、マンション査定を機械的に行うのであれば、査定額は揃うかもしれません。しかし、現状では不動産会社の営業一人ひとりが、成約データを集め、各人の主観に基づいて査定額をはじき出します。

人間のやることですから、
マンション査定の金額は、一般の人が思っている以上にバラバラです。

たまたま立ち寄った、たった一社のマンション査定では、極端に安い査定額である危険性もあります。もちろん、それとは逆に、相場とかけ離れた高い査定額を信じ込んでしまうことも起こりえます。

マンションの査定額が安すぎれば、売主が損をする。
査定額が高すぎれば、なかなか売れません。

マンション査定の最高額を知るメリットもありますが、複数の査定額を比較して、妥当な査定額を知ることが重要です。

高い査定額の根拠・安い査定額の理由を聞ける

マンション査定は、それぞれの営業が勝手に算出した金額なので、ピタリと揃うことはありません。

問題はその先にあります。

  • なぜ高い査定額なのか?
  • どうして安い査定額なのか?

本当に知りたいことは、査定額の根拠でしょう。

机上査定で、メールや郵送でマンション査定書を受け取る場合でも、査定額の根拠を示した「担当者の所感」が査定書には記されています。

高すぎる査定額には、売れにくいというリスクがあり。
安すぎる査定額には、損をしてしまうリスクがあります。

査定額の多寡に一喜一憂するのではなく、査定額に潜んだリスクを読み解くことが最も大切なことです。

売れる不動産会社を選びやすい

マンションの一括査定をすると、査定額の違いを知るとともに、その査定額にいたった根拠を知ることができます。

しかし、マンション一括査定で最大のメリットは、高く売れる不動産会社を選べること

マンションの査定書を受け取ったあとは、査定書のコメントを見て、気になった不動産会社に連絡してみましょう。訪問査定と言って、実際に営業マンに物件を見てもらい査定額を精査することができます。

マンション査定は、おおむね3ヶ月~半年で売れる金額を予想しているに過ぎません。

実際に売り出し、売買契約が成立するまで、マンションがいくらで売れるのかは、不動産屋にも分からないのです。

ですから、単純に高い査定額の不動産会社に任せれば良いというのは間違いで、高く売ってくれる不動産会社に任せるべきです。

マンション一括査定で比較すべきことは、査定額ではなく不動産会社にあるといえます。

おすすめマンション一括査定

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

マンション売却に必要なこと

あなたのマンション売却の目的はなんですか?

どうしたい!という希望がない場合でも、
こんなことは起こってほしくない!というのはありますね?

マンション売却の主な目的

  • なるべく高く売りたい
  • なるべく早く売りたい
  • いい人に買ってもらいたい
  • トラブルなく終えたい

マンション査定は不動産屋選び

あなたの所有するマンションは、あなた自身で価格を決めて、売り出すことができます。
しかし、売り出した後の販売活動では、不動産会社に頼ることが多いでしょう。

販売活動において、売主にできることは、掃除と内覧の受け入れぐらいです。

インターネットに物件情報を掲載し、チラシを撒き、見込み客に物件を紹介することは、不動産会社にしかできません。

不動産屋は、あなたのパートナー。

売れない不動産屋がパートナーでは、先が思いやられます。ぜひ、マンション一括査定を利用して、売れる不動産屋を厳選してください。

おすすめマンション一括査定

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

不動産屋の囲い込みに気をつけろ

売り出したマンションに、なかなか見込み客が見学に来ないことがあります。

はじめの2週間で2組の内覧があったものの、その後はパッタリ・・・。
「半年間、見込み客の紹介がない」という悲痛な声を耳にすることがあります。

しっかり広告活動をしてくれているのかな?

売主が不安になった頃合いを見透かしたように、不動産屋はこんな提案をしてきます。

ネットやチラシに広告を出していますが、見込み客の反応がないのは価格が高いためでしょう。

思い切って、300万円値下げしませんか?

半年間も内覧がないと、さすがに売主の心も折れています。
ここはプロの言うとおり値下げした方がいいのだろうか・・・。

ちょっと待ってください!
その不動産屋は、他社からの紹介客を全て断っていますよ!

自社で集客した買主で購入が決まれば、
不動産屋は売主・買主の両方から仲介手数料を受け取る両手取引になります。

他社のお客様に買われてしまったら、売主からしか仲介手数料をもらえません。
これを片手取り引きといいます。

不動産屋は、一度の取引で2倍近い仲介手数料を稼ぐために、販売価格を安く誘導して、お得感を出し、自社の買い客で両手契約をしようとするのです。

  • 相場よりもマンションを安く買えて、得をする買主
  • 両手契約で仲介手数料を最大化する不動産屋
  • ひとり損をしてしまうのは売主です

近所の不動産屋では300万円損をする?

街の不動産屋さんに売却依頼するのは危険です!
近所の不動産屋さんはマンション売却が得意じゃありません!

このような不動産会社の評判を耳にすることがあります。しかし、これはステレオタイプな偏見があって、イマドキの言い方をすると印象操作といえるのではないでしょうか。

決して、小さな不動産会社だから売れないわけではありません。
だからといって、地元の不動産会社に任せろというわけでもありません。

地元の中小と、大手不動産会社も含めて、しっかり比較して、売れる不動産会社を選び取って欲しいのです。

マンションの売却は、一生に何度も経験しないこと。
些細な失敗が大きな損につながります。

値下げのタイミングや、広告宣伝の方法が悪ければ、売却価格で何百万円も損をしてしまいます。

おすすめマンション一括査定

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

投稿日:2017年10月31日 更新日:

Copyright© マンション査定のポイント , 2018 All Rights Reserved.